最先端医療 ー  上顎骨側方骨延長術を併用した矯正治療例
最後に治療のムービーがあります
骨延長術とは:
骨延長術は、麻酔下に人工的に骨折させ(骨切りすると言います)、その骨切りした部分が治癒する過程で生じる「未熟な骨の元(仮骨)」を術後にゆっくりと牽引することで骨を延長する治療法です。骨を牽引して延長するための器械(創外固定器)を取り付けるところまでが手術になります。
骨延長の早さは1日0.5mmを基準に拡大を行い、予定通りの延長量に達したら、今度は化骨が成熟して固い本当の骨になるまで待つ必要があります。
実際の症例
・治療前の状態(21才の男性)
上顎の側切歯が内側に位置し、上顎の歯列弓の幅が狭いために臼歯で良く噛めない状態でした。従来の治療では、小臼歯を抜歯して、矯正治療にて上顎の拡大をおこなう治療なされてきましたが、後戻りしやすく、歯根が露出しやすいなどの問題がありました。
これらの問題を鑑み、この症例の治療方針は、矯正治療前に上顎骨側方骨延長術を行い、非抜歯にて矯正治療を行うことにいたしました。

・拡大後の状態
上顎骨骨切りの手術後
約2週間かけて7.5mm拡大しました

・矯正治療後の状態(約1年半後)

治療経過のムービー
動画再生の前にお手数ですがQuicktimeのインストールをお願い致します。
ダウンロードはこちら(windows)
口腔内正面
口腔内上顎