小児の矯正 症例2(9歳女児)
上突咬合(出っ歯さん)で、1期治療ではとび出ている上の前歯を後退させました。これにより、外傷等のリスクを軽減させ、またくちびるが閉じやすくなりました。さらに萌出障害をおこしていた永久歯を萌出させることもできました。上の前歯を後退させた分、犬歯が外にはじかれて出てきていますが、それは第2期治療で対処する予定です。1期治療により上の前歯を後退したため、第2期治療での負担は軽くなりました。
動画再生の前にお手数ですがQuicktimeのインストールをお願い致します。
ダウンロードはこちら(windows)
口腔内正面
口腔内側面
顔面側貌(口唇部)