小児の矯正 症例1(8歳男児)

反対咬合(受け口)で、1期治療を行う事で2期治療が必要なくなり、上下顎の関係を改善することができました。

口腔内正面

口腔内側面

顔面側貌(口唇部)



矯正歯科石井クリニックのトップページへ